経営原理活用ブログ

経営には変わらない原理原則がある これを繰り返し実行することが企業発展の唯一の方法である 

MENU

大切なキャッシュを支える戦略立案

会社の数字で大切なもの さて、これから正しい成果の出る経営計画書を作成するにあたり 現状を正しく知る必要があります。 といっても我社を表す現状も様々です。 会社の数字で大切なもの 戦略の数は山ほどある 過去の偉人に助けてもらう 商品があり、お客様…

失敗からの学びを活かす

会社を成長させる為に、経営者は あらゆる手段を考えます。 そして、それを実行に移す最大の努力を惜しみません。 難題は一気にやってくる 抜本的な改革しか無くなる 失敗が教えてくれるもの 追い詰められて初めて気づく 原理原則はあらゆるものに通じる 負…

会社を発展させる組織風土の作り方

企業が成長発展していくための条件 人が集まり、会社組織を形成し、企業活動を行って、利益を上げる。 利益とは、お客様からの『ありがとう』の証です。 では、どのようにしたらそのありがとうを増やしていくことが出来るのでしょうか? 成長の3要素 企業が…

アフターコロナで自社の強みを活かす方法

なかなか、終息を見せてくれないコロナですが、長引く事で、ビジネスの環境が大きく変わり始めました。 機会(チャンス)が見いだせない 自社の強みをあぶり出す 強みを見つけるヒント集 あえて本業から離れてみる ヒントは顧客の困ったにある 今あるヒット…

小さいカイゼンが大きな成果を生む

企業活動において、出来れば短時間で大きな成果を出したいものです。 しかし、残念ながらそんなウルトラCも魔法の杖も現実には存在しません。 大きな改革から入る間違い 以前の記事で、戦略立案に最適なSWOT分析の事を書かせてもらいました。 sr-keikaku.com…

アフターコロナで描く経営戦略

ようやくコロナが収まりかけています。 街に人が戻り、商品が販売され、ビジネスが動き始めます。 『これでようやく、あの日常に戻れる。』そんな事は、残念ながら、多くの経営者は思っていないのでしょう。 コロナで変わった事 市場が縮小する コロナをチャ…

中小企業が経営計画書を活かす方法

会社であろうと、どんなチームであろうと、その船がどこへ向かうのか、どの航路を進んで、だれがどんな役割を担うのかを明確に示した、計画書が必要です。 中小企業に経営計画書が無い理由 経営計画書が必要な理由 中小企業で経営計画書が機能しない理由 計…

会社を経営する時に無くてはならないもの

会社とは企業です。くわだてる(企てる)業と書きます。 何の為に、企てを行うのか。それは、企業という生き物を正しく導き、成果を出させて、関係する顧客や、それに携わる全ての人々が幸せになる為に企てます。 ○○が無いと会社は一人歩きを始める 経営計画…

財務分析の必要性

さあ、これから我社はどうなりたいか? その為には、自社と自社を取りまく環境をしっかりと把握しなければなりません その第1歩は財務分析です やはり何といっても数字は嘘をつかない 時に残酷ですが 赤裸々に あなた(会社)を冷静に表現してくれます 財務…

経営計画書が必要な2つの理由

そもそも 経営計画書は何故必要なのでしょうか 計画書には大きく2つの役割があります 1つめの役割=道しるべ 計画的の反対は 行き当たりばったりです。目指すべき方向を定めず、目の前の事象にのみ対応して一日を過ごしていく。しかし、あっとゆう間に月日…