中小企業の為のSR経営計画

中小企業が環境変化に適応する為に必要な経営スキルをお伝えしていくブログです

MENU

何故M&Aをやるのかを明確することが大事な訳

M&Aによって統合された企業がシナジーを発揮して、
発展し、社会に貢献し、そこで働く社員が幸せになっていく。

これがM&Aの目的であることは間違いのない事でしょう。
しかし、どんな成長をしていくために、なぜこの企業を選んだのか?

そこが最初に明確に設定されていないと、その後に行っていく
PMIの方法も変わってきます

シナジーには大きく分けて、売上を拡大していく方法と、
コストを効率化していく方法の2つに大別されます。

売上拡大シナジー

売上を拡大するために、新たな顧客や販売ルートを獲得する。
なかなか獲得できなかった地域や、業界への進出により、
大きく事業を拡大させる方法がこれにあたります。

あるいは、買収企業の持っているブランドや商品を持つことで、
現市場への売上拡大が見込める場合もあります。

そして、企画開発力や、生産技術力といった、短期間では
なかなか手に入れる事が出来ないものを一気に保有することが
出来るのも、M&Aが成せることです。

コスト効率化

一方、重複するインフラ、例えば物流機能や、
社内の管理システム、営業ツールや、社内の機能
(総務機能や、福利厚生機能)などを共有化することで、
大きなコスト削減や効率化が果たせる可能性も出てきます。

たとえばそれぞれの企業で個別に販促活動を行っていたものを
統合することで、販売商品の幅はひろがり売上拡大に
つながる可能性があり、かつ広告宣伝費は半分ですむような
ケースも出てきます。

DD(デューデリ)で明らかにすること

買収前には、DD(デューデリジェンス)といわれる、
様々な調査が行われます。

主には、財務DDと法務DDに分かれます。

財務DDは買収する企業にいくらの価値があるかを
決めるものですから、商品力や、営業力、のれんの力、
などが財務的に評価されます。

一方、法務DDでは、買収後に裁判になるような
案件がないかどうか、思いもかけない、企業価値
棄損するような事が隠れていないか。

あるいは、引き継いだ社員との間で、トラブルになるような
事はないかなどを調査していきます。

シナジーを明確にしていく

これらDD(デューデリジェンス)は、先にあげた
M&Aの目的である、シナジーを発揮してより大きな成長を
目指していくための、いわば前準備にすぎません。

つまり、DDをしっかりやって、M&Aの調印を
終えたから上手くいくわけではないのです。

ようやくスタートにたっただけの事。
大切なのは、DDで調査したことを元に、
どうシナジーを発揮していくかという事です。

f:id:k-genri:20200803081513p:plain

M&Aの理由


まとめ

2つの文化が違う組織が一緒になって
より大きな価値を生み出していくのがM&Aだとすれば
どんなシナジーを生み出すことで、その成果を
達成していくのか。

それが何故M&Aをやるのかの答えになります。

その答えが明確であり、携わるすべての人に
共通に理解されていなければ、せっかくの
M&Aは方向性を見失い、時間と資源の大きなロスを
招きかねません。

その為にも、明確なPMI戦略が必要になってくるのです。